茶畑、収穫風景
茶畑、収穫風景
茶畑、収穫風景

​和束茶畑、若い就農家が多いのも和束の特長

農作業風景

京都和束荘は和束茶を楽しめる宿泊施設

 

京都和束荘

和束町は宇治茶の主産地です。

和束町の集落の歴史は古く、またお茶の生産は鎌倉時代に遡ります。山でか揉まれた町の中央には和束川が流れ、寒暖の差により良質の茶葉が育つため、今も変わらず町の主産業となっています。

茶畑の続く美しい風景は観光スポットとしても知られています。「日本で最も美しい村」にも認定されています。

2013年から毎年秋に開催されている「茶源郷まつり」では、「茶畑からお茶の魅力のすべてを伝える」とのコンセプトで開催され、日本茶人気を高める役割を担ってきました。

和束町の就農家には若手従事者も多く活気に溢れ、和束町の魅力を高めています。

和束茶カフェ

「和束茶カフェ」は和束茶を楽しめるほか、生産者の茶が販売コーナーも。

 

一面の茶畑

​茶畑風景

 

和束茶カフェ、販売コーナー
DSC_0109 (1).jpg

茶畑の東屋で一服、素晴らしい贅沢な企画。東屋は随時移動していくようです。

 

和束の町風景
和束天満宮へ。

和束天満宮。平安時代、円融天皇より菅原道真の絵を奉納され、祀ったのが始まりと伝わる。「使いの牛」が鎮座。